パニック

映画『新感染 ファイナルエクスプレス』の無料動画をフルで視聴する!デイリーモーション・パンドラ

2017年の話題作、韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』の吹き替え・字幕の動画を無料視聴する方法を紹介します。

映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」を無料で見る

△画像orボタンをクリックすれば今すぐ安全に無料で見れます△

本作『新感染 ファイナルエクスプレス』は2016年9月1日に日本で公開された韓国映画で、電車内という閉鎖空間を舞台にしたゾンビパニック・ホラー。

監督はアニメーション出身のヨン・サンホが務めています。

韓国でも大ヒットとなり、カンヌ映画祭では「ミッドナイト・スクリーニング部門」に出品され、なんと156ヵ国からの買付オファーが来たとか。

今回はそんな『新感染 ファイナル・エクスプレス』のあらすじと見どころ・レビューと、吹き替え・字幕の動画を無料視聴する方法を紹介します。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』の字幕・吹き替え版の動画をフルで無料視聴する方法

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』の動画をフルで無料視聴するならU-NEXTがオススメです。

公式の動画配信サービスなので、安全、高画質、再生速度が良好と3拍子揃っています。

▷映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』を無料で見る

登録も解約も簡単なのでオススメです。

以下より詳しくまとめています。

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』の動画配信情報

2018年9月現在、映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』のフル動画を無料視聴できる動画配信サービスをご紹介します。

U-NEXT 字幕・吹き替え対応/ポイントで無料
ビデオマーケット 字幕・吹き替え対応/ポイントで無料
TSUTAYA TV 字幕・吹き替え対応/ポイントで無料
music.jp 字幕・吹き替え対応/ポイントで無料

オススメなのはU-NEXTとmusic.jpです。

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』を2018年9月現在で見放題で視聴できるサービスはありません。なので、ポイントを使って無料で見れること以外でおすすめできる点から次のランキングを紹介しています。

例えばU-NEXTであれば、ポイント作品以外に見放題の作品数がかなり多いので、新感染 ファイナル・エクスプレスを視聴した後でも、サービスを有効に使えるというメリットがあります。

高画質で今すぐ無料で見るならU-NEXT

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアル期間で使えるポイントが600ポイントあり、無料登録した時点ですぐにもらえます。

このポイントを使えば、新作映画も無料で見ることができるのがU-NEXTの強みです。

さらに、高画質で再生も非常にスムーズですのでストレスなく動画を楽しむことができます。

画質 4K画像対応
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
DL機能 対応
その他機能 同時に4台まで可/TV視聴可

2018年9月現在、U-NEXTでは『新感染 ファイナル・エクスプレス』はポイント作品としてラインナップされていますので、ポイント利用ですぐに無料視聴することができます。

見終わった後は見放題作品であれば、無料期間中は何本見ても料金がかかりません。

また、U-NEXTは動画配信サービスの中で最も多くの動画コンテンツを取り揃えており、映画のみならず、国内ドラマ、アニメ、韓流、海外ドラマ、電子書籍と揃ってますので、気に入った場合は継続すると倍の1200ポイントがもらえます。

もし合わなければ解約もすぐにできますので安心です。『新感染 ファイナル・エクスプレス』が見放題で見れるのも期間限定ですので、詳しくは公式サイトにてご確認ください。

映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」を無料で見る

無料でもらえる2461ポイントを使ってmusic.jpで見る

music.jp

実は音楽配信サービスと思えるmusic.jpですが、映画もしっかりと配信されています。しかも、新作ラインナップもしっかりと揃っています。

music.jpでは全てが購入して視聴するタイプで見放題が無い代わりに、登録時に付与されるポイントが2461ポイントと圧倒的に多いのが特徴です。

画質 SD/HD
無料期間/ポイント 30日間/2461ポイント
DL機能 あり
その他機能 TV視聴可/音楽配信サービス付き

どの動画配信サービスでもポイントが必要であれば、大量にポイントがもらえるサービスがいいと思う方はmusic.jpがおすすめです。

2018年9月時点での新作・人気映画は、

  • アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー
  • デッドプール2
  • ママレード・ボーイ
  • レディ・プレイヤー1
  • リベンジgirl

などがmusic.jpには揃っており、無料期間で付与される2461ポイントを使えば新作映画も無料で視聴することができます。

ただ、music.jpでは見放題作品というのが無く、全てがポイント購入作品ですので実際に契約して毎月利用するかどうかは公式サイトのラインナップ等をチェックして判断してみてください。

映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」を今すぐ無料で見る

2倍速機能&Tポイントで新作を無料視聴できるTSUTAYA TV

TSUTAYA TV

TSUTAYAが運営している動画配信サービスで、ネット動画だけじゃなくてDVDレンタルサービスプランまで揃っています。

無料トライアル期間中に1080ポイントがもらえるので、新作を2本ほど無料で見れるのが嬉しいサービス。

画質 SD/HD
無料期間/ポイント 30日間/1080ポイント
DL機能 Android端末、iOS端末でDL可能
その他機能 2台同時ログイン可/TV視聴可

TSUTAYA TVでも2018年9月現在は『新感染 ファイナル・エクスプレス』がポイント作品としてラインナップされています。1080ポイントを利用してすぐに無料で見れるのは嬉しいですね。

U-NEXTに比べると見放題作品の動画配信数は少ないですが、YouTubeのような2倍速機能がついているので便利です。DVDレンタルサービスも付いているのでChromeキャスト等がなくてTVで見たい場合はTSUTAYAが良いですね。

また、Tポイントを使って動画を見ることができますので、ポイントをたくさん貯めている方であればお得に利用できる動画配信サービスです。

気に入らなければ解約もすぐにできますので、TSUTAYA TVを使ってお得に見てみましょう。

映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」を無料で見る

違法アップロードによる無料視聴サイト

ここまででご紹介してきた動画配信サービスは公式に配信しているものですので、高画質で安全に見ることができますが、ネット上では一部、無断でアップロードされたサイトもあります。

dailymotion ▷新感染 ファイナル・エクスプレスを無料で見る
Pandora ▷新感染 ファイナル・エクスプレスを無料で見る
YouTube ▷新感染 ファイナル・エクスプレスを無料で見る
openload ▷新感染 ファイナル・エクスプレスを無料で見る
Miomio ▷新感染 ファイナル・エクスプレスを無料で見る

ただ、こちらは違法でアップロードされた作品である上に、再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如広告が表示されたり、読み込みスピードが遅かったりと、様々なデメリットもあります。

自己責任ですので、それでも見たい方はチェックしてみてください。

リンク先で表示されない場合は、削除されている可能性もありますので、無料で安全に見れて高画質、サクサク再生できる公式サービスをオススメします。

映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」を無料で見る

『新感染 ファイナル・エクスプレス』の作品紹介

◆登場人物・キャスト

ソグ(コン・ユ)
本作の主人公。
かなりの仕事男で、妻とは別居中。
娘のスアンともあまりコミュニケーションが取れていない。
しかし、ゾンビウィルスの拡散によりスアンを守ろうとする。

スアン(キム・スアン)
ソグの娘。
母親とは別居中のため、仕事でほとんどいないソグに代わって祖母と過ごすことが多い。

◆あらすじ・ストーリー

まずは、あらすじから。

韓国のある農村では伝染病が広まっており、そこを通る車は消毒を受けなければいけませんでした。

村を通ったトラックの運転手は脇見運転をしたことで鹿をはねてしまいます。

運転手は鹿の死体をそのままに立ち去っていきましたが、なぜかその鹿は再び立ち上がり、動き始めるといった奇妙な現象が起こります。

――

有能なファンドマネージャーとして働くソグ(コン・ユ)は、ソウルで多忙な日々を送っていました。

妻とは別居中で娘・スアン(キム・スアン)の親権を争っています。

スアンの誕生日の前日。

彼はプレゼントを買って帰りますが、家にはすでに同じものがあったのです。

娘が持っているものも全く把握できていない自分に嫌気がさしたソグ。

「他に欲しいものは?」と聞くと「釜山にいるお母さんに会いたい」とスアンに言われます。

せっかくのスアンの誕生日、ソグは母親に会わせようと決意します。

5時30分発のソウル発・釜山行きの高速列車KTX101号。

ソグはスアンを連れてこの列車で釜山に向かうことにします。

早朝にもかかわらず、大勢の乗客がいました。

発車直前、不自然な歩き方をする少女が乗り込み、そのあとすぐに乗車したホームレスの男は「みんな死んだ…みんな死んだ…」と話しています。

さらに、何気なく車窓から外をみていたスアンがホームで人が襲われている光景を目撃。

しかし、列車は時間通りにソウルを出発し、突然の出来事だったためスアンもどうしていいか分からず戸惑ってしまいます。

その頃、11号車と10号車の連結部分では、不自然な歩き方をしていた少女が痙攣をおこしてうずくまっていました。

心配した乗務員が声を掛けますが、彼女はいきなり発狂し乗務員の首に噛みついて襲い掛かります。

彼女こそがゾンビウィルスの感染者だったのでした。

噛まれたことで感染してしまった乗務員は、凶暴的になり乗客を次々に襲い始めます。

車内は一気にパニック状態に…。

気づけば10号車の乗客のほとんどが感染し、ゾンビと化していました。

ソグとスアンもこの事態に驚きを隠せません。

列車は軍隊が到着しているデジョン駅に到着しますが、兵士たちもすでに感染しており、乗客に襲い掛かります。

ソグは感染した兵士たちを列車に乗り込ませないように奮闘します。

そして、残りの生存者たちは列車に避難し再び出発しますが車内にも感染者ばかり。

はたして、ソグは無事にスアンを釜山に連れていくことは出来るのか。

そして、ゾンビウィルスがばら撒かれている理由とは…。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』の予告動画

『新感染 ファイナル・エクスプレス』の見どころ


第69回カンヌ映画祭で大注目を浴びた『新感染 ファイナル・エクスプレス』

列車内という密室でゾンビと戦う、かなりスリリングな作品となっています。

国内外で大変評判が良く、ハリウッドリメイクも決定しているほどです。

そんな本作の見どころは、軽快なゾンビの動きと泣ける!と噂のストーリー。

パニックホラーといえばゾンビというほど、最近はゾンビ映画が空前のブームとなっていました。

有名どころだと映画はもちろんゲームでも人気の「バイオハザード」やコミカルな作風が面白い「ゾンビランド」など。

邦画ですと人気コミック「アイアム・ア・ヒーロー」の実写映画もクオリティの高い作品です。

ゾンビというと動きはもっさりしていて、仕留めるときは頭を攻撃しないといけない、そんなイメージですが、最近のゾンビたちはちょっと違うんです。

なんと生存者たちを見つけたら全速力で走ってきます。

人間と同じくらいの行動速度で、ゾンビが襲ってくるわけですから想像を絶する絶望感ですよね。(笑)

そして、ストーリーとしてもクオリティが高く、主人公のソグは仕事のできる男ではありますが、仕事優先しすぎてしまう…

そのため娘のスアンはかなり寂しい思いをしています。

序盤ではほかの生存者はそっちのけで逃げていってしまうことも。

しかし、そんな身勝手なソグもこの閉鎖空間の中で仲間たちと助け合い、徐々に変わっていく姿はかなりの見どころとなっています。

世界で高評価を受けた『新感染 ファイナル・エクスプレス』を皆さんもご覧ください。

映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」を無料で見る

『新感染 ファイナル・エクスプレス』の評価・レビュー

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・30代後半”]

総合評価 ★★★★☆(4.0)

近年の世界各国では、自然災害や他人の重大なミス、悪意のテロなど、自分ではどうする事もできない状況が発生して、困難に直面する場面をニュースでよく目にします。

そのような危機を、謎のウィルスに感染してしまった人が、人を襲うという内容で描いているように思います。

閉鎖された高速列車の狭い車内で一人の感染した人物から、次々と広がっていく光景は恐怖としか言いようがありません。

こんなに緊迫した危機のなかで、まったく関係のない人にも手を貸して助けようとする人、自分の大切な人だけを守ろうとする人、とにかく自分さえ助かるならば他人の命さえ利用しようと考える人などが見られ、少ない情報のなかで迫りくる人の生命の危機を感じ取り、それぞれの価値観によりとっさの行動や発する言葉が、人の本性を露にしてしまいます。

悲しい場面が多いと思うのですが、この緊迫した命さえ危ない状況においても人は変わる事ができる、成長する事ができるように感じて、どんな困難があろうとも希望を持って生きようと語っているようにも思えました。

正直、韓国映画という時点で私のなかでは完全にアウトなのですが、この作品だけは高く評価したいと思います。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・50代前半”]

総合評価 ★★★★☆(4.5)

本家欧米のゾンビ映画に比べ、アジアの作品はリアリティに欠け、安物感がつきまとうのが多かったですが、この映画は掛け値なしに面白かったです。

全体のストーリーはよくある都市からの脱出劇。

老若男女のさまざまな人物が織りなす群像劇も使い古された手法ですが、高速列車を舞台にすることでストーリーにスピード感と逃げ場のない危機感をうまく盛り込めています。

やっと安全な場所にたどり着けたと思ったら、そこもゾンビのすみかであるなど、次々にどんでん返しを繰り返す演出はなかなかよかったと感じました。

登場人物のキャラクターもそれぞれ個性的で、主役のユン・ユや脇を固めるマ・ドンソクらの演技もなかなかのものでしたが、マ・ドンソクの最期が強すぎてまるでスーパーマンのようだったことがリアリティに欠け、ちょっと残念だったと思います。

あの場面を知恵だけでゾンビだらけの車両を突破するようにしていたら、もっと引き締まった内容になっていたのではないでしょうか。ラストは妊婦と子どもが生還し、ほっとさせてくれました。

歌声が命を救う演出はうまかったです。ただ、欧米作品なら2人が射殺されてエンドマークを迎えたように思います。

どちらがよかったのかは何ともいえませんが、アジアのゾンビ映画としては最高の出来と感じました。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・30代後半”]

総合評価 ★★★★☆(4.0)

とにかく泣きました。こんなに映画館で泣いて泣いて泣き倒した映画は、久しぶりでした。

声が出てしまい、周りからの目が気になり、途中から恥ずかしかったですが、周りも結構泣いている人がいて安心しました。

映画を観る前は、単なるゾンビ映画で、気持ち悪くなって、家に帰ってしまうんだろうと思っていましたが、その予想を180度裏切ってくれた映画でした。

娘の言葉で、どんどん変わっていく親の姿は、私も子どもが4人いて、日々子どもの言葉に、はっと気づかされる事が多い私の私生活と重なり、とても感情移入してしまい、涙が止まらず、映画に見入ってしまいました。

また、高校生カップルの純粋さにも心惹かれました。高校生カップルだからこその純粋さが、とても上手に描かれていて、観ているだけで、私の青春時代を思い出し、心が熱くなりました。

また、個性豊かな出演者がたくさん出ていて、こういう場面になったら、きっとこんなおっさんが出てくるだろうなというおっさんが出てきて、めちゃくちゃ腹が立ちました。

是非一度みなさんに観て欲しい映画です。
[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”女性・20代後半”]

総合評価 ★★★★★(5.0)

非常に面白かったです。

実は怖いゾンビ映画は苦手なのですが、韓国や台湾で大人気という前評判を聴いていたので、友達と一緒に見ることにしました。

この映画の魅力は、三点あります。

一点目は、特急列車という密閉空間の中で、次々と繁殖していくゾンビが人に襲い掛かるスリリング。逃げても逃げ場のない空間で生き抜こうとする姿は圧巻です。

二点目は、人の愛。人を守ることはその人を強くし、自分をも犠牲とする逞しさ及び切なさがよく描かれています。

子どもを守る主人公、妊婦の妻を守る夫、好きな女子高生を守る男の子。

それぞれの愛を強く感じました。ほっこりする間もなく切なくなるシーンばかりで、ハッピーエンドではないところがまた魅力的です。

三点目は人が窮地に追い込まれたときの人間性のバラエティの豊富さ。前述したように愛のために闘う人たちがいる一方で、自分のことしか考えられず他人を犠牲にしても生き残りたい人もいます。

映画を観ていると腹立たしくなりますが、自分だったら同じように行動するかもしれない、窮地に立ったら自分ならどのように行動するか、と考えずにはいられません。

この映画は、ただのゾンビ映画ではありません。是非皆さんにも見てほしいオススメの映画です。
[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”女性・30代後半”]

総合評価 ★★★★☆(4.0)

「新感染ファイナルエクスプレス」
おもしろかったです。

韓国映画がもともと好きなので、どんな作品か雑誌でチェックしたり、試写を見た人の感想を検索したりと、期待値を上げてから見たのですが、期待以上におもしろかったです。

新幹線の動く密室空間で、助かるために家族が待つ先頭車両へ行くために、ゾンビがウヨウヨしていて通れない通路を荷台にあがって移動したり強行突破していくシーンはこっちまで、ドキドキして見てました。

なにが恐ろしいって、ゾンビも怖いけど、人って怖いなって思いました。

助かるために犠牲はやむを得ないと感染してない人達を見捨てたりするシーンとか見ていて胸が痛くなりました。

途中下車した駅で、軍隊のゾンビに追いかけられるシーンとかスゴすぎて、どんなサバイバルだよ!

自分を守ってくれるはずの存在が、反対側になった時の恐怖。

あと意外だったのは、韓国作品では多いグロい描写がほとんどなかったなと思いました。(内蔵をむさぼったりするシーンとか)

箇条書きのような感想ななってしまいましたが、密室パニックが存分に味わえておもしろかったです。
[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”女性・30歳前半”]

総合評価 ★★★★★(5.0)

新感染 ファイナル エクスプレスは私の中で一番面白いゾンビ映画でした。

まず韓国の俳優さん、女優さんの演技はどの国よりもものすごく感情込めているのが伝わり引き込まれていきます。

今回のゾンビ映画ですが最初から最後までノンストップで突き抜けたゾンビ×列車パニック映画でハラハラドキドキがずっとある状態でした。

舞台はソウル発→釜山行き高速鉄道でした。

「電車の中という密室でのゾンビ映画」という設定で、逃げ場のない密室の中をどのようにして逃げていくのか。

最近のゾンビ映画は銃や刃物を使うのが当たり前でしたが、今回の新感染 ファイル エクスプレスでは銃や刃物といった武器は使わず、素手でゾンビに立ち向かっていました。

それが私にとってとてもリアルな現実を味わいました。

この映画を通して守りたいものを必死で守る姿、自らを犠牲にする姿、愛する人ともに死を選んだ姿、私は『愛』を感じました。

どのシーンも印象的でしたが、一番は最後の父と子の別れのシーン。

号泣せずにはおれませんでした。

この映画はリアリティーさがあり、とても学ばされるものでした。
[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・30代後半”]

総合評価 ★★★★☆(4.0)

時速300キロメートルの逃げ場のない密室と、到着までの2時間のタイムリミットがスリリングでした。

謎のウイルスの圧倒的な感染スピードが、リアリティーあふれるタッチで映し出されているシーンが良かったです。

ありふれた車内の風景やごく普通の一般的な市民が、突如として豹変する瞬間を上手く捉えていました。

死に直面した時になって初めてあらわになる、人間本来が持っている自己中心的な醜さについて考えさせられました。

パニックとしての面白さだけではなく、たまたま乗り合わせた乗客たちのそれぞれのバックグラウンドを深く掘り下げていく群像ドラマとしての魅力もあります。

娘を守り抜こうとする父親の姿や身重の妻を気遣う夫をはじめとする、極限状況下でも他者への思いやりを忘れることのない人たちの姿には胸を打たれました。

個性豊かなキャラクターたちが次々と脱落していく、サバイバルゲームの要素も込められていました。

最後の最後になって登場人物たちの生死を分けることになる、意外な存在には驚かされました。
[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”女性・30代前半”]

総合評価 ★★★★☆(4.0)

ゾンビ映画が好きで、今まで何作か見てきましたが、この新感染は最高に面白かったです。

韓国のゾンビ映画は初めてで、内容もとても分かりやすく、リアルで、その世界に自分もいるかのように、映画に気持ちが入り込んでしまっていました。

列車やホームという、現実味のある場所でのゾンビとの戦い。本当に実際にこんなところでゾンビに出くわしたら、自分はどうであるかと考えながら、映画を堪能していました。

また、銃を使わないところによりリアリティを感じました。

皆んなはもともと他人同士なのに、助け合っている姿や、主人公である父が娘を守る姿。

最後のシーンは本当に泣けました。

愛する人がもし感染したら、自分は噛まれてもいい、噛まれて感染したとしても離れる事の方が辛い。

反対に自分が先に噛まれたなら、、自分から離れる事を選ぶがその時の気持ちは…。

色々な事を考えさせられました。

愛する人がそばにいる事を当たり前に思ってはいけない、毎日に感謝しなければいけないなと、この映画を通して思いました。
[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”女性・30代前半”]

総合評価 ★★★★★(5.0)

最高です!!とにかく二時間はらはらしっぱなしでした。コン・ユがチョーカッコいいです…。

本当に嫌な性格の役だけど、ゾンビと戦ってる姿は本当にカッコいい!!

娘はコン・ユが最低なのに優しい子に育っていて涙が出ます。ゾンビの量が多過ぎて見てるだけでも辛い。

新幹線の密室の中で、人間の最低な部分がたくさん見えて嫌になるけどその中でも優しかったり思いやりがある人たちはいて、何回も泣きました。

コン・ユが娘を大切に思う気持ちを思い出して改心したかと思いきや、自分達を車両から追い出した人たちがゾンビに襲われた時にニヤリとしたシーンは背筋が凍ります。

高校生たちの最後も涙が止まらなかったです。

チョンユミは頭もよくて優しい。ゾンビから目隠しのために新聞紙を水で濡らして窓に貼るシーンは最高。そしてマドンソクがなによりもカッコいいです。

ゾンビを倒しまくるし、子供にもお年寄りにも優しいし、最低男なコン・ユにも厳しいけど優しい。

最後までゾンビに支配されずにみんなを守ろうとする姿は本当にカッコいい。この映画をみるまでは、まさかマドンソクが一番カッコいいとは思ってもみなかった。
[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・30代前半”]

総合評価 ★★☆☆☆(2.0)

数年前から、いわゆる「ゾンビもの」が世界のエンタメ界では流行となっています。

「ウォーキング・デット」や「Zネーション」「ゾンビ・アット・ホーム」などがその例です。

そんななかその”ゾンビ流行”の乗った形で製作された、韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』はゾンビ映画でもあり、さらにパニック映画であり、そして親子(父と娘)の愛情物語でもあります。

なので、単なるゾンビ映画ではありません。むしろゾンビ映画としてはより、親子愛が見どころの映画となります。

舞台は、韓国の高速鉄道(新幹線のような)の中です。そこで主人公はゾンビと戦うはめになります。この高速鉄道という閉鎖空間の設定がこの映画の緊張感を高めているのは間違いありません。

そしてゾンビものにはつきものである、「本当の敵はゾンビでなく、人間である」という設定もしっかり描かれています。

何より恐ろしいのは、自分だけ生き残ろうとする人間のエゴだ、というのが痛いほど伝わってきます。

そこに「娘を守りたい」という主人公の葛藤などがうまくブレンドされて、単なるホラーアクションで終わっていないところが、この映画の見どころと言えるでしょう。

ただ正直、欧米のゾンビブームに乗っただけの二番煎じ映画なので、個人的な好き嫌いはありますが、私はあまり好きではありません。

でもさすが韓国と言うか、映画としてのクオリティはあいかわらず高い。

悔しいですが韓国映画とくらべると邦画はすべてB級映画に見えてしまいます。

韓国映画が好きな人や、韓国映画をみても嫌韓アレルギーのない人ならかなり楽しめるでしょうね。
[/speech_bubble]

映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」を無料で見る