SF

『パッセンジャー(2017)』 のネタバレ!ラスト結末で2人はどうなった?

2017年の映画『パッセンジャー』 のネタバレです。

この映画はジェニファー・ローレンスとジュラシック・ワールドで一躍有名になったクリス・プラットが主演をつとめています。

かなりの話題作なのでどんな内容なのか気になる人も多いのではないでしょうか?

そんな『パッセンジャー』ですが、今回は映画のネタバレ情報をいちはやくゲットしましたので、ラスト・結末までくわしく紹介したいと思います。

※注意:かなり詳細に結末ラストまでネタバレしますので映画を見ていない方はご注意ください。


登場人物

・ジム・プレストン:機械エンジニア
・オーロラ・レーン:ジャーナリスト
・アーサー:バーテンダーのアンドロイド
・ガス・マンクーソ:豪華客船のデッキチーフ

あらすじ・ストーリー(序盤)

20XX年ー人類はあらたな居住地を求めて、乗務員258人と5000人の入植者をのせた豪華宇宙船アヴァロン号は地球を出発します。

行き先はホームステッド社が用意したホームステッドⅡコロニーと名付けた惑星。

コロニー到着までは120年もかかるため、その間、宇宙船はオートパイロットシステムで
自動運転させて、乗務員と乗客はすべて冬眠ポッドで眠りについてます。

そして冬眠ポットの眠りからさめればコロニーへ到着しているはずでした…。

出発からおよそ30年後-コロニー到着までは後90年

船は細かい隕石の嵐のなかを通過中、大きな流星と衝突します。

衝突の際、管理用モニタに赤い警告表示が現れますが、すぐに復旧して正常に戻ります。

この時システムに何らかの異常が発生。

その結果、運悪く機械エンジニアの男性ジム・プレストンの冬眠ポットだけが開いてしまいました。

「まもなくコロニーへ到着します。」

音声コンピュータの呼び声でジムは目覚めます。

目覚めたばかりのジムはボンヤリしながら音声コンピュータに誘導されてコロニー到着の準備を始めます。

ところが意識がハッキリするにつれ、だんだんと”ある異変”に気づきます。

そう、自分以外に目覚めている人間が誰一人いない。

音声コンピュータに「なぜ他の人がいないのか?」と問い合わせしても「それはありえません。」としか答えません。

船のカフェテリアや、メインロビーなど、どこを探しても誰もいません。

メインロビーに設置されている総合インフォメーションの情報キヨスクで助けを求めますが満足する回答は得られません。

デッキへと向かったジムはコロニーに到着までの時間を調べると…

到着まであと90年。

つまりこれからジムは90年間にわたって、たったひとりで過ごさなければなりません。

ジムの年齢を考えると、90年後に生きている保障すらない。

仮にに生きていたとしても、そのときは死をむかえる寸前の高齢者。

青ざめたジムは地球のホームステッド社へSOSのメッセージを送りますが…

「メッセージは15年後に届きます。最短の返事は55年後です」とのむなしいアナウンスが流れます。



スポンサーリンク





最後の手段として、もういちど冬眠につくために船内にあるすべてのマニュアルをあさって、冬眠ポットについて調べますが…

冬眠ポッドは一度目覚めてしまうと同じ装置で冬眠つくことは不可能とのこと。

残された唯一の希望は、乗務員たちを目覚めさせることですが、それを行うための制御室も
ぶ厚い鋼鉄の扉に閉ざされビクともしません。

すべての希望を失ったジム。

彼はバーで唯一話すことのできるロボットバーテンダーのアーサーを見つけました。

アーサーはアンドロイドですが、紳士的でジムのよき相談相手になります。

 

ジムは毎日のように彼と話しながら次第に飲んだくれた日々を送るようになります。

そんなジムに対してアーサーは、「この状況を受け入れて楽しんでみては?」とアドバイスをしました。

アーサーのアドバイスどおり、ジムは船内の生活を楽しんでみることにします。

一般クラスの乗客であるジムには手の届かないVIPクラスのスイートルームで寝泊りしたり
ゲームやスポーツなどもやりたい放題。

しばらくは充実した日々をすごしているようにみえましたが、それもつかの間、すぐに飽きてしまいます。

そして一人遊びをやればやるほど、ジムはどんどん孤独を感じていきました。

精神的に極限まで追い詰められたジムは船のエアロックを開けて、生身のまま船外にでて自殺しようとするも、結局はできません。

生きる気力を完全に失ったジムは冬眠ポッドが立ち並ぶエリアに入って、眠っている乗客を羨ましそうにながめています。

ふと見ると、お金持ち用の冬眠ポッドにオーロラという素敵な女性が眠っていました。

ジムは彼女が記録したプロファイルをなんとなく調べてみます。

彼女はジャーナリストで、なぜ人々は地球を捨てコロニーへいくのかを学ぶため、ホームステッド社の宇宙旅行に参加したとありました。

オーロラのプロファイルを調べるうちにだんだんと彼女に惹かれていきます。

そして、いつしかジムの心のなかに「彼女が起きたらどんなに楽しいだろうか?」との悪い心が…。

「でもそんなことをしたら彼女の人生はメチャメチャになってしまう。」

このジレンマをアーサーに打ち明けると「それは良いアイデアですね。」と回答します。

1人がさみしいなら仲間を増やせばよいだけのこと。

アンドロイドであるアーサーにはそもそも善悪の区別はありません。

それから1年間、ジムは悩みに悩んだすえに、ついにオーロラのポッドをあけてしまいます…。



スポンサーリンク





あらすじ・ストーリー(中盤)

ジムはオーロラに気付かれないよう、すぐにその場を離れて自室にもどりました。

あとは彼女が起床するのを待つだけ。

翌日、オーロラは目を覚まし、困惑しながらメインロビーへ歩いてきました。

ジムはわざとらしく登場して、自分たち2人のポッドだけが故障によって開いてしまったとウソをつきます。

アーサーには自分が犯人であることは絶対にバラさないよう口止めをしておきました。

ジムから経緯を聞いたオーロラは絶望してふさぎ込みますが、1年間もたったひとりで頑張ってきた彼をみて生きる気力を取り戻します。

自分のポッドを開けた犯人だとしらずに…

それからはオーロラはふっきれたようにプールで泳いだり、ジムと一緒にゲームやスポーツをするなどして思いっきり船内の生活を満喫します。

彼女は後の人たちにジムがなぜ地球を捨てたのかを伝えるため、彼から聞き込みをはじめました。

ジムはもともと、物を作ったり直したりするのが好きらしく、そのために機械エンジニアなったとのこと。

そして彼の夢は新しい地で自分が建てた家に住むことでした。

一方、オーロラの計画は入植地へ訪問して、現地の人たちに、なぜ入植者たちが地球を去ったのかを話し、1年間でそこで過ごしてから地球に戻るというものでした。

お互いに夢を語り合うなかで、オーロラはだんだんとジムに惹かれてきます。

そんな雰囲気を察したジムは思い切ってオーロラをデートに誘ってみると彼女は「もちろんOK」の返事を返します。

それからは2人は毎日のように一緒に行動し、一緒に食事をしたり、宇宙服を着て宇宙空間へ出てみたりと愛を深めていきました。

そして、ついに2人は身も心も結ばれます。

ジムとオーロラは2人の思いがけない出会いに感謝しつつ、残りの人生を一緒に暮らしていけることに最高の幸せにを感じます。

ところが、そんな2人の関係はある日、突然おわりを遂げます。

その日はオーロラの誕生日で、ジムは特別なサプライズを用意していました。

彼女のために婚約リングを作っていたのです。

バーで2人が仲良く飲んでいるとオーロラは「私とジムに秘密はないの」と嬉しそうにいい、ジムもうなづきます。

これを聞いたアーサーは「そうでしたか?」とかえします。

ジムは婚約リングを取りにいくため一旦席をはずしますが、その間、アーサーはオーロラに
「1年前、彼はあなたを起こすべきか悩んでいました。」といってしまいます。

アーサーは「私とジムに秘密はない」とのオーロラの言葉にジムが頷いたことから、ポッドを開けたこともすでに彼女は知っていると理解したのでした。

オーロラは我が耳を疑い、「ジムが私を起こしたの?」と聞くと、彼は「ええ、まぁ」と答えます。

そのとき、ジムは婚約リングを手にして意気揚々とバーにもどってきました。

オーロラは鬼の形相で「あなたが起こしたのか?」「なぜそんなことしたのか?」と激怒して怒りをあらわにします。

そして「吐き気がする」と言い残して席をたってしまいました。



スポンサーリンク





彼女の様子からすべてを悟ったジムは「なぜ言った?」とアーサーに目で訴えるも、彼は「何のことですか?」とばかりに首を傾げます。

ジムに裏切られたことでオーロラは絶望のあまり心が崩壊し、それからは彼を無視し避けるようになります。

ジムは毎日のように必死に弁解して許しを請いますが、オーロラの”ジムへの憎しみ”は増すばかり。

「いくら寂しかったといえ他人の人生を壊していいわけない!」

ジムの弁解に彼女はいつもそう応えます。

そして憎しみが頂点に達したある日、オーロラは寝ているジムの部屋に忍び込んで、息を根を止める寸前まで暴行を加えます。

我に返り最悪の事態はまぬがれましたが、これを機に2人は完全に決別しました。

そして、気が付けばジムが目覚めてから2年の月日がたっていました。

そんなある日、システム障害が発生し、清掃ロボットやエレベータが次々と停止します。

何事かと身構えるジムとオーロラの前に突然、船長のガス・マンクーソが姿をあらわしました。

彼もまたシステム障害により冬眠ポッドも開いて目覚めてしまったのです。

2人から状況を聞いたガスはさっそく船の状態をしらべます。

すると、2年前の隕石の衝突で深刻なシステム障害が発生していることが判明したのでした。

おそらく”3人”のポッドが開いたのもそのせいだろうとガスはいいますが、それを聞いたオーロラはジムをにらみつけます。

ガスと2人きりになったオーロラはジムが自分のポッドをあけた犯人であることを
訴えます。

彼はそれを悪いことだと認めながらも「彼が味わった地獄のような孤独もすこしは理解してあげて欲しい」と諭します。

その後、船を調査をすすめていくと、恐ろしいことに船の動力源の核融合炉が隕石で破損していることが判明しました。

急いで核融合炉を直さないと臨界に達して船は核爆発してしまう。

ところが肝心のガスはポッド破損による影響で重病に侵されていました。

すでに手遅れの状態で、ガスは船を持ち直そうと手をつくすものの結局は亡くなってしまいます。

ガスは亡くなる直前、2人に「仲たがいせず、お互いを大切にしてほしい」と言い残しました。

ガスの死をきっかけにジムは決意して核融合炉の修復にむかいます。

彼はオーロラに「核融合炉の修復を手伝ってほしい」というと、彼女も了承します。



スポンサーリンク





ラスト・結末(ネタバレ注意!)

その間にも炉は限界に近づき、船内ではシステム障害は次々と発生して緊急警報が鳴りまくっています。

途中、バーに立ち寄るとアーサーが故障して狂ったように暴走しているのを見つけました。

アーサーのかわいそうな姿に見て見ぬふりのできないジムはICチップに刺さっている破片をぬいて治してあげます。

ジムとオーロラが核融合炉に到着すると、隕石の破損で修復できない状態でした。

ジムはとっさに予備の交換部品で修理をしますがここで問題が…。

核融合炉を正常にもどすには炉のエネルギーを船外に放出しなければならない。

ところが、エネルギーを放出する外の扉は隕石の破損で開くことができません。

ジムは命をすてる覚悟をかため宇宙服を着て外の扉を開きに外へ出ます。

すでに彼を許していたオーロラは「絶対に戻ってきて…あなたなしで生きていけない」と訴えます。



スポンサーリンク





扉に到着したジムは渾身のちからでとびらをひらき、オーロラにレバーを下げろと合図をおくります。

でもレバーをさげたらジムが…。

オーロラは下げたくないと駄々をこねますが、ジムに諭されてレバーをさげます。

核のエネルギーは船外に放出され、間一髪、船は爆発から助かりました。

そしてジムは…生きていた!

オーロラは喜びますがすぐに状況は一変します。

エネルギー放出のいきおいで、ジムは遠くの宇宙空間まで飛ばされてしまったのでした。

すでに命綱もきれて船にもどれない。

死を覚悟したジムはオーロラに別れを告げ、そのまま意識を失います。

そのとき!宇宙服をきたオーロラがたすけにきてくれました。

彼女は必死にジムを船に引き戻しますがすでに心臓は止まっている状態。

いそいで蘇生カプセルに彼をいれ、ありとあらゆる蘇生措置をほどこします。

でもまったく効果がない。

落胆したオーロラが泣き崩れたその時!奇跡的にジムが息を吹き返しました。

オーロラはジムにとびついて喜び、2人は包容しあってキスをかわします。

ジムはすでに心に決めていたのか、予備のポッドでオーロラを冬眠させようとしますが、彼女はそれを断りました。

彼女は残りの人生をジムとともに船の中で生きる選択をしたのです。

その後、2人は残りの人生を宇宙船のなかで共に過ごししあわせに暮らしていきました。

-88年後-
コロニーへの到着前に起床プロセスが起動して5000人の乗客たちが冬眠から覚めて、メインロビーにあつまります。

すると、そこにジムが植えたであろう木々で室内は緑豊かになっています。

ジムは夢だった家を作っていたようで、ジムとオーロラの2人は残りの人生を幸せに過ごしたようです。

乗組員がオーロラの手紙をよみあげて、乗客たちは自分たちが眠っている間にこの船に何が起こりどんなドラマがあったのかを知ったのでした。

End



スポンサーリンク





まとめ

以上、2017年の映画『パッセンジャー』のネタバレでした。

宇宙空間を舞台にした映画なのでSF映画と勘違いしやすいですが、実際にはSF要素はほとんどなく、主人公2人のロマンスを描いたラブストーリーでした。

面白いのはこの映画は予告でかなりネタバレしていること(笑)

つまり実際の本編では予告で観た以上のおどろきはありません。

予想通りの展開ではじまり、予想通りの結末でおわる。
そんな感じの映画でした。

個人的には主人公のジムにはまったく感情移入できませんでした。

彼にはストーカーのような気持ち悪さを感じてしまったのは自分だけでしょうか?

結果オーライだったものの、いくら寂しいからといって他人を巻き込んで、しかもあわよくば恋人にしようなどと言語道断です。

 

それにしても、ジェニファー・ローレンスが演じるオーロラという女性がとても魅力的でした。

映画の大半は彼女の魅力で引っ張っていると錯覚してしまうほど。

この映画はジェニファー・ローレンスを観て楽しむ!

そう思わせるほど彼女の演技はとても魅力的でした!



スポンサーリンク





映画『パッセンジャー』を無料で観る方法

映画『パッセンジャー』を無料視聴する方法を紹介します。

◆『auビデオパス』を利用する方法

auスマホを利用する人には『auビデオパス』の無料キャンペーンがオススメです。

 

詳しくはこちら↓↓

auスマホを利用してる人なら、au公式サービスの『auビデオパス』の見放題プランがオススメです。

 

こちらは月額562円(税抜)で、スマホ、タブレットで人気のドラマ・アニメ・映画が約10,000本ほど見放題。そして今なら初月30日間の月額料金が無料です。

 

しかも毎月540円分のビデオコインがもらえるので、有料レンタル作品も1作品だけなら追加料金なしで視聴できます。

 

登録までの操作がカンタンでボタンをクリックするだけで登録完了できます。

 

今すぐ映画を視聴した人はコチラへ↓↓
>>[PR]『auビデオパス』をお試し利用する

 

 

◆『TSUTAYAディスカス』を利用する方法

TSUTAYAディスカス』の動画見放題の無料キャンペーンを利用する方法です。

こちらは動画配信サービスだけでなく、DVD・ブルーレイの宅配レンタルも可能です。

詳しくはこちら↓↓

レンタルビデオ・DVDチェーン最大手のTSUTAYA(ツタヤ)が運営する、動画配信サービスの「TSUTAYAディスカス(定額レンタル8)」がオススメです

 

このサービスは月額2,014円(税込)となりますが、入会するとレンタルショップに足を運ばなくても、スマホ・タブレット、PCやテレビで、映画や海外ドラマなどを視聴することができます。

 

そして、今なら入会初月(30日間)は月額料金が無料!しかも入会時に1,080円分の動画配信ポイントが無料プレゼントされるため、

 

もちろん試してみて継続する必要を感じなかった場合は、無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

 

映画や海外ドラマ好きにもとてもオトクなサービスですので、この機会に是非お試しを♪

 

>>『TSUTAYAディスカス』を30日間無料でお試し