ファンタジー

『塔の上のラプンツェル』のあらすじ(ネタバレ・ラスト結末)を短く紹介!

今回はディズニーアニメ
『塔の上のラプンツェル』のあらすじと
ネタバレ ・結末を短く紹介します!

 

この映画は2011年に日本で公開されましたが
その後2014年に公開された『アナと雪の女王』ほど
話題にはなっていません。

 

なので映画を見るほどじゃないけど、
あらすじ内容だけでもを知りたい

 

という人もいるかと。

 

そんな方のために
今回は映画『塔の上のラプンツェル』の
あらすじとラスト・結末までを
お伝えしていきたいと思います。

 

※注意:結末・ラストまですべてネタバレしますので映画を見ていない方はご注意ください。

 

◯登場人物

・ラプンツェル:塔に幽閉されている美少女
・ゴーテル:魔女
・フリン:盗賊の男

 

 

◯あらすじ・ストーリー

長い美しい髪の少女ラプンツェルは、
森の奥にそびえ立つ塔の上で、
育ての親ゴーテルと2人で暮らしてます。

 

実はゴーテルの正体は魔女で、
ラプンツェルは”ある王国”の王女でした。

 

 

彼女は赤ん坊のころに
ゴーテルが連れ去ってきたので、
自分の素性が姫であることを知りません。

 

魔女ゴーテルが
ラプンツェルをさらった理由は
彼女のその美しい”髪”でした。

 

その昔、
ゴーテルは若返りのために
魔法の花をあつめていましたが、
村人たちに花を盗まれてしまいます。

 

なぜ、村人が魔法の花を盗んだのか?

それは重病だった王国の
お妃様(ラプンツェルの母親)を治すためでした。

 

そのときお妃様は妊娠中でしたが
病のために危険な状態になっていたのです。

 

魔法の花を服用すると
お妃様はみるみるうちに回復し、
無事に女の子を出産することができました。

 

そして生まれた女の子が
ラプンツェルでした。

 

彼女の美しい髪にはお妃様が飲んだ
“魔法の花の力”が宿っていました。

 

魔女ゴーテルは
若返りの薬を独り占めにするため
ラプンツェルの”髪”を狙い、
赤ん坊のまま連れ去ったのです。

 

 

 

その後、
誘拐されてから数年の歳月がたち
ラプンツェルは美しい女性に育ちます。

 

しかしゴーテルは彼女を存在を隠すため
塔の上から一歩もそとへ出しません。

 

そんな狭苦しい生活をしていた
ラプンツェルにとって唯一の楽しみは
彼女の誕生日に夜空に舞い上がる
ふしぎな光をみることでした。

 

これらの光の正体は
誘拐された姫のことを偲んで
毎年、村人たちが飛ばしていた灯火でしたが
ラプンツェルは知るよしもありません。

 

塔の上の生活に嫌気がさしていた彼女は
誕生日の夜空に舞い上がる光を間近で見たいと
ゴーテルに訴えますが却下されます。

 

そんな彼女のもとに
1人の青年が訪れてきます。

 

青年はフリンといいお城から
王女のティアラを盗んだ盗賊でした。

 

しかし
フリンは仲間だった盗賊を裏切ったため
兵隊と盗賊、両方から追われことになり
この塔にたどり着いたのでした。

 

ラプンツェルは夜空に舞い上がる光を
間近でみたいとフリンに頼み、
ゴーテルが留守の間に塔から脱出します。

 

ラプンツェルがいないことを知ったゴーテルは
盗賊たちと手を組んで、2人を追いかけます。

 

兵隊、盗賊、ゴーテルから追われる
ラプンツェルとフリン。

 

いつしか2人は
お互いに惹かれ合っていきました。

 

しかし、ゴーテルの策にまんまとハマり、
フリンは兵隊に逮捕され、
ラプンツェルは塔の上につれ戻されてしまいます。

 

◯ラスト・結末(ネタバレ注意!)

ラプンツェルを助けたいフリンは
牢屋から脱出して塔へ向かいます。

 

しかし、塔にたどり着いたものの
ゴーテルにナイフで刺され、
重症を負ってしまいます。

 

ラプンツェルはゴーテルに
一生を仕えることを約束する条件で
自分の髪の力をつかってフリンを治療しようとします。

 

ところが、フリンはラプンツェルの髪の毛を
切ってしまいました。

 

髪の毛は一度切ってしまうと
力を失ってしまいます。

 

そのことを知っていたフリンは
髪の力で生き長らえていたゴーテルを倒すため
あえて切ったのでした。

 

髪を切ったことで魔力を失ったゴーテルは
塔から転落して消滅してしまいます。

 

ゴーテルを倒すことはできたものの
重症だったフリンを
助ける手段がなくなってしまいました。

 

ラプンツェルは瀕死のフリンを抱きして
涙を流します。

 

するとその涙で
フリンは回復することができました。

 

涙にはまだわずかに
髪の力を残されていたのでした。

 

最後はラプンツェルの愛の力で
フリンを助けることができたのでした。

 

そしてラプンツェルはお城へ帰り
本当の両親と再開することができました。

 

彼女は皆から愛される姫となり
フリンと結婚していつまでも幸せに暮らしました。

 

『塔の上のラプンツェル』の関連記事はこちら
↓↓↓
『塔の上のラプンツェル』グリム初版原作が怖い!あらすじ内容の違いは?