サスペンス

映画 三度目の殺人の動画を無料フル視聴!pandora・デイリーモーションは?

映画『三度目の殺人』の動画フルで無料視聴する方法を紹介します。

映画「三度目の殺人」を無料で見る

△画像orボタンをクリックすれば今すぐ安全に無料で見れます△

2017年9月に公開した是枝裕和監督の『三度目の殺人』

弁護士が殺人犯の心理の真意に迫り、弁護側として新たな真実を見つけていく法廷心理サスペンス。

主演は福山雅治さんと役所広司さんという豪華キャストとなっています!

福山さん演じるエリート弁護士・重盛は法廷で真実を見つけることができるのでしょうか?

今回は『三度目の殺人』のあらすじと見どころ・レビューと、映画の無料動画を動画配信でフルで無料視聴する方法を紹介します。

映画『三度目の殺人』のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。

『三度目の殺人』の動画をフルで無料視聴する方法

映画『三度目の殺人』の動画をフルで無料視聴するならU-NEXTがオススメです。

公式の動画配信サービスなので、安全、高画質、再生速度が良好と3拍子揃っています。

▷映画『三度目の殺人』を無料で見る

登録も解約も簡単なのでオススメです。

以下より詳しくまとめています。

映画『三度目の殺人』の動画配信情報

2018年9月現在、映画『三度目の殺人』のフル動画を無料視聴できる動画配信サービスをご紹介します。

U-NEXT ポイントで無料
ビデオマーケット ポイントで無料
TSUTAYA TV ポイントで無料
music.jp ポイントで無料
FOD ポイントで無料

オススメなのはU-NEXTとmusic.jpです。

映画『三度目の殺人』を2018年9月現在で見放題で視聴できるサービスはありません。なので、ポイントを使って無料で見れること以外でおすすめできる点から次のランキングを紹介しています。

例えばU-NEXTであれば、ポイント作品以外に見放題の作品数がかなり多いので、三度目の殺人を視聴した後でも、サービスを有効に使えるというメリットがあります。

高画質で今すぐ無料で見るならU-NEXT

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアル期間で使えるポイントが600ポイントあり、無料登録した時点ですぐにもらえます。

このポイントを使えば、新作映画も無料で見ることができるのがU-NEXTの強みです。

さらに、高画質で再生も非常にスムーズですのでストレスなく動画を楽しむことができます。

画質 4K画像対応
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
DL機能 対応
その他機能 同時に4台まで可/TV視聴可

2018年9月現在、U-NEXTでは『三度目の殺人』はポイント作品としてラインナップされていますので、ポイント利用ですぐに無料視聴することができます。

見終わった後は気になる俳優・女優さんの映画・ドラマも視聴することができます。例えば、広瀬すず主演ドラマ「anone」は全話見放題なので、一気見することも可能ですね。

また、U-NEXTは動画配信サービスの中で最も多くの動画コンテンツを取り揃えており、映画のみならず、国内ドラマ、アニメ、韓流、海外ドラマ、電子書籍と揃ってますので、気に入った場合は継続すると倍の1200ポイントがもらえます。

もし合わなければ解約もすぐにできますので安心です。『三度目の殺人』が見放題で見れるのも期間限定ですので、詳しくは公式サイトにてご確認ください。

映画「三度目の殺人」を無料で見る

無料でもらえる2461ポイントを使ってmusic.jpで見る

music.jp

実は音楽配信サービスと思えるmusic.jpですが、映画もしっかりと配信されています。しかも、新作ラインナップもしっかりと揃っています。

music.jpでは全てが購入して視聴するタイプで見放題が無い代わりに、登録時に付与されるポイントが2461ポイントと圧倒的に多いのが特徴です。

画質 SD/HD
無料期間/ポイント 30日間/2461ポイント
DL機能 あり
その他機能 TV視聴可/音楽配信サービス付き

どの動画配信サービスでもポイントが必要であれば、大量にポイントがもらえるサービスがいいと思う方はmusic.jpがおすすめです。

2018年9月時点での新作・人気映画は、

  • アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー
  • デッドプール2
  • ママレード・ボーイ
  • レディ・プレイヤー1
  • リベンジgirl

などがmusic.jpには揃っており、無料期間で付与される2461ポイントを使えば新作映画も無料で視聴することができます。

ただ、music.jpでは見放題作品というのが無く、全てがポイント購入作品ですので実際に契約して毎月利用するかどうかは公式サイトのラインナップ等をチェックして判断してみてください。

新作・人気映画を今すぐ無料で見る

2倍速機能&Tポイントで新作を無料視聴できるTSUTAYA TV

TSUTAYA TV

TSUTAYAが運営している動画配信サービスで、ネット動画だけじゃなくてDVDレンタルサービスプランまで揃っています。

無料トライアル期間中に1080ポイントがもらえるので、新作を2本ほど無料で見れるのが嬉しいサービス。

画質 SD/HD
無料期間/ポイント 30日間/1080ポイント
DL機能 Android端末、iOS端末でDL可能
その他機能 2台同時ログイン可/TV視聴可

TSUTAYA TVでも2018年9月現在は『三度目の殺人』がポイント作品としてラインナップされています。1080ポイントを利用してすぐに無料で見れるのは嬉しいですね。

U-NEXTに比べると見放題作品の動画配信数は少ないですが、YouTubeのような2倍速機能がついているので便利です。DVDレンタルサービスも付いているのでChromeキャスト等がなくてTVで見たい場合はTSUTAYAが良いですね。

また、Tポイントを使って動画を見ることができますので、ポイントをたくさん貯めている方であればお得に利用できる動画配信サービスです。

気に入らなければ解約もすぐにできますので、TSUTAYA TVを使ってお得に見てみましょう。

映画「三度目の殺人」を無料で見る

違法アップロードによる無料視聴サイト

ここまででご紹介してきた動画配信サービスは公式に配信しているものですので、高画質で安全に見ることができますが、ネット上では一部、無断でアップロードされたサイトもあります。

dailymotion ▷三度目の殺人を無料で見る
Pandora ▷三度目の殺人を無料で見る
YouTube ▷三度目の殺人を無料で見る
openload ▷三度目の殺人を無料で見る
Miomio ▷三度目の殺人を無料で見る

ただ、こちらは違法でアップロードされた作品である上に、再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如広告が表示されたり、読み込みスピードが遅かったりと、様々なデメリットもあります。

自己責任ですので、それでも見たい方はチェックしてみてください。

リンク先で表示されない場合は、削除されている可能性もありますので、無料で安全に見れて高画質、サクサク再生できる公式サービスをオススメします。

映画「三度目の殺人」を無料で見る

『三度目の殺人』の作品紹介

登場人物・キャスト


重盛(福山雅治)

勝利主義のエリート弁護士。
三隅の弁護を担当することになる。

三隅(役所広司)

会社の社長を殺した容疑者。
つかみどころがない男で、供述があいまい。

咲江(広瀬すず)

三隅が殺した社長の娘。
物語のカギを握る重要人物。

あらすじ・ストーリー

会社を解雇された三隅(役所広司)は、社長を殴り殺した後、財布を奪って死体に火をつけた容疑で起訴されています。

以前、強盗殺人で捕まった前科のある彼は、今回の事件により死刑は確実でした。

しかし三隅は減刑を望んでいたため、重盛(福山雅治)が弁護を努めることになります。

三隅の担当は同じ弁護士事務所で働く摂津だったが、話を聞くために供述がころころと変わる三隅に手を焼いていたため重盛が代わりに担当に。

彼の話が二転三転と変わるのは重盛に対しても同じでした。

それでも死刑から無期懲役まで減刑させることを目指し、重盛は調査を始めます。

重盛は三隅の家に足を運び、大家にこの家に来ていた人の話を伺います。

すると足の不自由な女の子が目撃されており、彼女は被害者の娘・咲江(広瀬すず)だったのです。

そこからさらに判明したのは三隅が被害者の妻とメールを交わしていたということ。

被害者の妻からは「例の件お願いします」という意味深なメールが届いていました。

これは妻が主犯となった保険金殺人の可能性もあるのではないかと重盛は考えますが、決定的な証拠はありません。

さらに、ギャンブルで金がなかったと供述する三隅からは想像もできないほど部屋は綺麗に片付けられており、飼っていたであろうカナリアも処分されていました。

身辺整理をしていたようにも見えるこの状況に重盛は違和感を感じます。

「あなたは最初から捕まる気でいたのでは?」

そう三隅に問いかけますが、「わかってないなあ、重盛さんは」とはぐらかされてしまいます。

減刑を望んでいるはずなのに、きちんと供述をしない三隅。

何を隠しているのか、それが分からないまま裁判の日を迎えることに…。

映画「三度目の殺人」を無料で見る

『三度目の殺人』の予告動画

<予告動画>

 

『三度目の殺人』の見どころ

「そして父になる」や「海街diary」といったホームドラマ作品を多く作り出した是枝監督によるシリアスな心理サスペンス作品です。

元々ドキュメンタリー作品から監督としての活動を始め、近年では生活描写のリアリティに長けた作品を手掛けていました。

「生涯であと10作程度しか撮影できないと考えると50代のうちに新しいジャンルに挑戦したい」と監督自身もインタビューで語っていたこともあり、本作がその意欲作にあたるのではないでしょうか。

また本作のみどころは、登場人物の色の濃さと言えます。

容疑者の三隅は本当に何を考えているのかわからない、底知れない謎に包まれていますし、弁護士の重盛は「勝てればそれでいい」という冷酷な男。

さらには大きなカギを握っていると思われる被害者の娘・咲江はどこか信じ切ることが出来ないようなキャラクターです。

彼らの表情や発言からシリアスな雰囲気が伝わってくるところも本作の魅力だと思います。

しかもその役を演じるのが福山雅治、役所広司、広瀬すずという実力派キャストたちですから、これは必見ですね!

そして、映像を使い視覚を刺激して謎を深めさせるような演出が多く含まれており、画面から目を話すことが出来ません。

実際に広告ポスターに写っている重盛、三角、咲江の3人にはメタファーとして殺人をイメージさせる返り血が付いています。

このような表現がされていると誰が本当の犯人なのか分からなくなりますよね。

目から入る情報で視聴者に謎を提供するのは、サスペンス作品としてとても面白い演出のひとつです。

さらにラストはこちらに考えさせるような展開で終わりを迎えます。

真実とは?三度目の殺人というタイトルの意味とは?

見終わったあとに自分なりの考察をし、余韻に浸ることが出来る作品です。

全体的にテンポよく、最後まで緊張感たっぷりで見飽きることがありません。

皆さんもそんな『三度目の殺人』をぜひご覧ください!

『三度目の殺人』の口コミ・レビュー

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”女性・40代前半”]

評価 ★★★☆☆(3.5)

殺人の容疑者となった男と福山雅治が扮する弁護士の物語です。
「そして父になる」の監督の作品。これは、とても期待して映画館へと行きました。
福山雅治は、最初から男が殺人をしたと思っており、死刑にはならない減刑を考えていました。
しかし、接見するたびに男の供述が変わっていき次第に一体何が真実かが分からなくなっていきます。
殺した社長の娘を助けるために犯した罪なのか。愛人に頼まれた殺人なのか。
もしくは、殺していないのか。翻弄されながらも無実だと信じていきます。
映画が進むにつれて謎が次から次へとやってきます。そして、何もかもが謎のまま裁判。
とても面白い展開の連続でとても面白かったです。その内容に関しては星5つ。
私的には、結末が消化不良だったので少し残念でした。なので、総合的に判断すると星3.5つとなりました。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”女性・20代後半”]

評価 ★★★★★(5.0)

是枝裕和さんが監督ということですが、内容やテーマが今までの作品と全く違うことに驚きつつも、とても楽しみな気持ちで映画を拝見しました。
司法や弁護士、検察などはリアリティがあり作り込まれているなぁと思いました。
注意すべきは、殺人事件がテーマですが、「真相」や「真実」については、はっきりわかる結末では有りません。
死刑、刑が確定するのですが、その背景にあったものやこの事件のすべてなどは明らかにされないまま物語が終わります。
「えええ、結局どうなったの」と、最初は思いました。
タイトルにある三度目の殺人という意味についても考えました。
その点においては、観た人があれこれ考えながら余韻に浸れるのではないでしょうか。
福山雅治ん、役所広司さんなど魅力的ですが個人的になんといっても広瀬すずさんにぐっと引き込まれました。
かわいいだけじゃない彼女の魅力を感じることが出来ましたし、映画に厚みや深さなどを相乗効果で与えていたのではないかと思います。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・30代後半”]

評価 ★★★★★(5.0)

この作品の「三度目の」というタイトルは違うのではないかと思っていました。
ですが、作品の内容を見ていくうちに、映画を見ている側に答えを考えさせるという手法を扱っているように感じてきました。
まず、弁護士としてのキャリアを重視した、裁判の勝利だけを考える、福山雅治さんが演じる重盛朋章は、役所広司さんが演じる被告人の三隅広司が翻弄する証言により、重盛の利益よりも事件の真実が知りたいと気持ちに変えて、裁判所は提出された事だけで判断を下してしまう。
この二つの重盛の自己利益の気持ちと司法の正当な判断を殺してしまったと思いました。
毎日起こる、色々な出来事の真相というものは、伝える側の思いや意見が多く含まれてしまい、本当に伝えるべき真相を消してしまっているとこの映画は人間ドラマを通して語っているように感じました。
弁護士の重盛が三隅の娘に会いに行った事を伝えた時の反応は、娘を思う真実の父親の姿に思えました。
この事から、三隅が何を中心に考えているかがわかると感じました。
見れば見るほど、三度目処か何度も心を殺しているように感じてしまい、考えさせられる作品で多くの方に見て頂きたいと思いました。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”女性・30代前半”]

評価 ★★★★☆(4.0)

福山雅治さんが、『そして父になる』の是枝監督とまたまたタッグを組んだ2作目の映画です。
福山さんは、重盛という冷静な弁護士役。重盛は、とある殺人事件の容疑者弁護を担当することになります。
それが、役所広司さん演じる三隅(みすみ)。彼は30年前に殺人を犯して有罪になりました。
しかしその服役後に、自分を拾ってくれた工場の社長を殺した容疑で、2回目の逮捕になりました。
その容疑は濃厚で、ほぼ有罪が見えているーという時に重盛が面会に訪れます。
この映画の一番の注目ポイントは、三隅から語られる事件の真相です。
単純と思われた事件でしたが、三隅から語られる供述は二転三転します。
それにより、何が真実で、真実でないのか、動機は何なのか、重盛も、私たち視聴者も混乱していきます。
始めは今回の事件に乗り気でなかった重盛も、事件の真相を掴むために奔走していきます。
その真相を知ったとき、「3度目」の殺人の意味が分かります。切ない、切ない映画なので、涙なしでは観られません。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”女性・20代前半”]

評価 ★★★★★(5.0)

難しい映画でしたが面白かったです。
舞台は法廷。被告人三隅(演・役所広司)の罪状は殺人、前科一犯で今回は二度目の殺人でした。
その弁護士は重盛(演・福山雅治)、弁護士の重盛に協力するような形で登場するのが被害者の娘咲江(演・広瀬すず)。三者を中心軸として、観るものを、あるいは中心軸である三者をも翻弄するような二時間でした。
重盛は真実の追求より依頼の確実な遂行に重きを置く弁護士です。
事件の真相などどうでもよい、裁判に勝利することだけが彼の信条なのかなと感じました。
そんな彼が三隅の弁護を頼まれて引き受けるところから物語が始まります。
被告人は自供しており、死刑は確定だろうと重盛も踏んでいました。
それを無期懲役にしてほしいという依頼でした。弁護人として三隅に接触する重盛に、三隅は供述を二転三転させます。その過程で「三隅に助けられた」という少女・咲江が現れます。
彼女は被害者である父親に性的暴行を受けていて、それを助けてくれたのが三隅だと説明しました。
予告編でも見られた、三隅が血の付いた右手で頬をぬぐうしぐさ。これを本編では咲江もしていました。
映画の最後、閉廷後の重盛もこのしぐさをしています。咲江の場合は現実ではなく被害者を殺したのが三隅ではなく咲江だとしたらという仮定のうえでの映像でしたが、このしぐさがかなり印象的でした。
かなり濃い時間であっという間でした。劇場を出た後も考え続けてしまうほどのめりこみました。面白かったです。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・50代前半”]

評価 ★★★★★(5.0)

この映画は、好きな役者である役所広司、福山雅治と広瀬すずが出ていいる映画館で公開したらすぐ行って観て来ました。
この作品を観て考えさせられて厄介な作品であったが終わってからの作品についての感想とかがいっぱいあったので最高の作品であったと思います。
前半の裁判官を始めとする司法関係者だったり、重盛と父、咲江の両親といった人たちの他者に関心がない人たちと後半の重盛、咲江、川島らの若手司法関係者の人達の他者に気持ちが向いて理解しようとする人たちので、前者に対する怒りがはっきりと表してると思います。
サスペンスというよりも人間ドラマではないかと思います。
また、最大のよく分からないモヤモヤは、咲江の意志が尊重されなかった事で、咲江も覚悟を決めていたのににも拘わらず、おじさん2人の咲江を守りたいという先回り考えで、その覚悟は大切にされず。
重盛が三隅が同じ考えになったおかげで、弁護士としてのバランスを失ったのではないかと思います。
弁護士としては、冷静に物事を考えなければいけないという原則は、大事だと思いました。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”女性・30代後半”]

評価 ★★★★☆(4.0)

『そして父になる』を見て感銘を受けたこともあって、こちらの昨晩も拝見しました。
法廷におけるサスペンスでしたが、ヒューマン系の要素も強かったと思います。
最初は、凶悪犯の弁護を引き受けたことに驚きましたし、その後の展開にもあまり期待ができませんでした。
でも、犯人の心情を読み解いていくストーリー展開が面白くて、気付けば食い入るように見ていました。
また、キャストの方々の熱演にも感動しました。それぞれが適役を演じている感じがありましたし、演技力が光っていました。
脇役の方々も個性が輝いていて、素晴らしかったです。もう少しミステリーの要素も強く取り入れてもらえると、更に楽しめたかもしれませんが、演技力やストーリーの内容など、総合すると大満足の作品でした。
ストーリーは、淡々と進められているようで、少し捻りもあったので、自分の中で推理をしながら楽しめました。
目に見えていることだけが真実ではないということを教わったように思います。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・30代後半”]

評価 ★★★★☆(4.0)

オープニングで夜の闇に包まれた河川敷で映し出される、静かに燃え上がっていく儀式のような炎が幻想的でした。
役所広司が扮している三隅が、どのような人生を送ってきて如何にしてこの水辺の周縁までたどり着いたのか思いを巡らせてしまいました。
格差社会によって追い詰められて排除されてしまった人たちが最後に流れつく河川敷と、無機質な裁判所や留置場との間に奇妙な繋がりを感じてしまいました。
三隅の雇い主である川崎の小さな食品工場社長の娘・咲江の、精神的にも肉体的にも傷ついた様子には胸が痛みました。
広瀬すずの陰のある表情とともに、彼女もまた自分の居場所を探すかのように河川敷へと出掛けていく姿には忘れがたいものがありました。
悲劇の後に残された焼け焦げた死体の痕跡が、十字架のような形をしていたことについて考えさせられました。
救いがたい人たちによって巻き起こってしまった凄惨な事件の中にも、僅かな答えと慰めの心が伝わってきました。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・30代後半”]

評価 ★★★★★(5.0)

なんと5回も観てました。
1度目:犯人捜しをしてしまい…どゆこと?よくわからなかった…
2度目:インタビューやレビューを読みまくってなるほど!そういうこと?
3度目:細かい部分を確認すべく3度目の観賞の結果…ん?(2度目の観賞でわかったつもりだったけど再び迷路に入る)
4度目:ただひたすらファン目線で重盛を愛でる
5度目:見納めました。
3度目できっとどこにも正解はないのだろうと思いました。
日本の司法制度について”本当のこと”を伝え、実際に起こる事件に対して”見ないふり”してないですか?と問題提起されてるんだろうなと思います。
三隅と重盛の攻防に目が行きがちだけど何気ない台詞の中にメッセージやヒントがたくさんあったように感じました。
秘書の『殺してるのは同じなのに?』咲江の『母のように見ないふりしたくないから』川島の『裁判やり直しになると思いました。』など自分なりに監督の伝えたかったことを咀嚼した上で最後に咲江が重盛に言った台詞には拍手したくなりました。
『誰を裁くのかは誰が決めるんですか?』賛否がわかれる作品ですが、私はすごく楽しめました。
ただキャストがよかっただけにわかりにくくなり過ぎた部分はもったいなかったかなとも…是枝監督との”三度目のタッグ”に期待します。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”男性・30代後半”]

評価 ★★★★☆(4.0)

是枝監督が社会問題を背景にした作品を手掛ける際は、実際に起きた事件がモデルになっていることが多いですが今作はフィクションのようで、更には監督が初めて挑戦するサスペンスということで非常に楽しみにしていました。
フィクションとは言えども、接見室でのやりとりは実際の弁護士が実践した行動を基にしたとのことで確かに生々しさがあり、この密室でのシーンがサスペンスとしてのハラハラ感を高めていたように思います。
鑑賞者の見方によって変わると思いますが、主人公・重盛に感情移入した私は、不可解な三隅に振り回されるような感覚に陥り、見終わった後はどっと疲れました。
でも映画好きとしては、それがとてもうれしく感じたのです。決して明るい物語ではないし、前向きさをくれる映画でもありません。
それでも、冷酷な重盛に目覚めていく正義感や三隅の親心などが描かれ、心打つものがありました。
更にこの作品は明確な答えも提示しませんが、だからこそ鑑賞者が思考回路をぐるぐると巡らせるのではないでしょうか。”三度目”の意味、真の犯人は誰なのか…と、こんなにもストーリーに翻弄されてしまう映画も、最近の日本の商業映画ではとても珍しいです。まさに「心持っていかれた」と感じた、力のある映画でした。
[/speech_bubble]

映画「三度目の殺人」を無料で見る