映画『トランスフォーマー3/ダークサイドムーン』の動画(字幕・吹き替え版)を無料視聴!dailymotion以外で視聴する方法は?

映画『トランスフォーマー3/ダークサイドムーン』の字幕・吹き替え版の動画をdailymotion以外で無料視聴する方法を紹介します。

 

マイケル・ベイ監督の『トランスフォーマー』シリーズの3作目にあたる今作。主人公サムを含む1作目からのキャストが出演する最後の作品となります。

 

そのため位置づけとしてはシリーズ1作目からの完結編となりますので、前作『リベンジ』で止まっている人はぜひ鑑賞してほしい作品です。

 

◯『トランスフォーマー3/ダークサイドムーン』の字幕・吹き替え版の動画を無料視聴する方法

映画『トランスフォーマー3/ダークサイドムーン』の字幕・吹き替え版の動画を無料視聴する方法をいくつか紹介します。

 

紹介するのは無料動画サイト『dailymotion』などではなく、日本の大手企業が運営する正規の有料動画配信サービスとなります。

 

・U-NEXT

・auビデオパス

・TSUTAYAディスカス

 

 

docomoやソフトバンクを利用している人には『U-NEXT』がオススメです。auユーザーには『auビデオパス』、パソコンユーザーには『TSUTAYAディスカス』がオススメです。

 

これらの動画配信サイトは本来有料ですが、いまなら約1ヶ月間の無料お試しキャンペーンを実施中であることと、見放題でない最新作品も登録時にもらえる無料ポイントを活用すれば、1作品だけ無料で視聴できます。

 

そのため、この約1ヶ月間の無料お試し期間を利用すれば、映画『トランスフォーマー3/ダークサイドムーン』だけでなく、その他の作品も無料で視聴できてしまいます。

 

あくまでお試し期間なので、もし継続する意思がなければお試し期間中に解約しても料金を請求されることはありません。※無料ポイントを使い切り、その後見放題以外の有料作品をレンタル・購入した場合は、その分だけ請求されますのでご注意ください。

 

紹介するのは現在人気上昇中の動画配信サービスですので、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

 

◆『U-NEXT』を利用する方法

動画配信サービスの『U-NEXT』を利用する方法です。

 

『U-NEXT』とは、一部上場企業の大手動画配信サービスで、月額基本料1.990円で、映画(洋画、邦画)や海外ドラマなどの動画が無料で見放題となっています。

 

その『U-NEXT』ですが、今なら初月のみ月額基本料1.990円が無料!

 

入荷したばかりの有料映画も最初に無料でもらえる600ポイントを利用すれば無料視聴できます。

 

もし試してみて必要なかったら、無料期間内に解約すれば料金は一切かかりません

 

いますぐ映画を見たい人はこちらへ↓
>>まず無料お試しで『U-NEXT』を利用する

 

無料トライアルの利用条件や
退会方法を知りたい人はこちらへ↓
>>U-NEXTの31日間無料トライアルについて

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

◆『auビデオパス』を利用する方法

auスマホを利用する人には『auビデオパス』の無料キャンペーンがオススメです。

 

詳しくはこちら↓↓

auスマホを利用してる人なら、au公式サービスの『auビデオパス』の見放題プランがオススメです。

 

こちらは月額562円(税抜)で、スマホ、タブレットで人気のドラマ・アニメ・映画が約10,000本ほど見放題。そして今なら初月30日間の月額料金が無料です。

 

しかも毎月540円分のビデオコインがもらえるので、有料レンタル作品も1作品だけなら追加料金なしで視聴できます。

 

登録までの操作がカンタンでボタンをクリックするだけで登録完了できます。

 

今すぐ映画を視聴した人はコチラへ↓↓
>>[PR]『auビデオパス』をお試し利用する

 

 

 

◆『TSUTAYAディスカス』を利用する方法

紹介するのは『TSUTAYAディスカス』の動画見放題の無料キャンペーンを利用する方法です。

こちらは動画配信サービスだけでなく、DVD・ブルーレイの宅配レンタルも可能です。

詳しくはこちら↓↓

レンタルビデオ・DVDチェーン最大手のTSUTAYA(ツタヤ)が運営する、動画配信サービスの「TSUTAYAディスカス(定額レンタル8)」がオススメです

 

このサービスは月額2,014円(税込)となりますが、入会するとレンタルショップに足を運ばなくても、スマホ・タブレット、PCやテレビで、映画や海外ドラマなどを視聴することができます。

 

そして、今なら入会初月(30日間)は月額料金が無料!しかも入会時に1,080円分の動画配信ポイントが無料プレゼントされるため、

 

もちろん試してみて継続する必要を感じなかった場合は、無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

 

映画や海外ドラマ好きにもとてもオトクなサービスですので、この機会に是非お試しを♪

 

>>『TSUTAYAディスカス』を30日間無料でお試し

 

◯『トランスフォーマー3/ダークサイドムーン』の作品紹介

 

◆登場人物・キャスト

サム・ウィトウィッキー/シャイア・ラブーフ
カーリー・スペンサー/ロージー・ハンティントン=ホワイトリー
シーモア・シモンズ/ジョン・タトゥーロ
ダッチ/アラン・テュディック
ロン・ウィトウィッキー/ケヴィン・ダン

ディラン・グールド/パトリック・デンプシー

ウィリアム・レノックス/ジョシュ・デュアメル

シャーロット・メアリング/フランシス・マクドーマント

◆あらすじ・ストーリー

 

宇宙のどこかにある惑星サイバトロン。

 

そこで生まれた機械生命体「トランスフォーマー」は正義のオートボットと悪のディセプティコンに別れ、長きにわたって戦争を繰り広げてきが数で勝るディセプティコンにオートボットは劣勢を強いられていた。

 

そんな中、一隻の宇宙船がサイバトロンを脱出しようと飛び出したが、その船もディセプティコンの攻撃により大破、宇宙のかなたに消えたその船がたどり着いたのは地球で、その当時は1969年・アポロ11号による人類初の月への着陸に成功した時期であった。

 

が、アポロ計画のもう一つの真実はまさにこの月の裏側(ダークサイド)に落下したサイバトロン星の宇宙船の調査であり、真実を知るものはそれを極秘としていた。

 

時は流れ2011年ロシアでサイバトロン星にかかわる情報を入手したオートボットと政府の特殊部隊NESTは謎の物体を発見するが、直後にディセプティコンの一員ショックウェーブの襲撃に遭う。

 

ディセプティコンの狙いがかつてサイバトロン星から脱出した宇宙船アークの一部であると気づいたオプティマス・プライムは月にアークと伝説の戦士「センチネル・プライム」が眠っていることを知り、自ら月へ赴いてアークからセンチネルを救出した。

 

一方、かつてオートボットと共に戦ったサムは新しいガールフレンドのカーリーと同居しつつワシントンで暮らしていた。

 

しかし、なかなか就職先が決まらず鬱屈した日々を送っていたが、カーリーの上司の推薦もあり、宇宙開発事業に携わるアキュレッタ・システムズ社に入社。

 

それから程なく同僚のジェリーがアメリカの宇宙開発計画中止の事実にかかわる情報をサムに託した直後謎の開始を遂げ、サム自身もまたしてもディセプティコンに狙われる羽目になってしまう。

 

オートボット基地では眠っていたセンチネルを復活させる事に無事成功し、センチネルから彼が開発したという物質転送システムとそれを起動させる「柱」の存在を明かされる。

 

一方再会したシモンズと共に調査を開始したサムは既にディセプティコンがスペースブリッジの大半を回収していると知り、センチネルの護衛を依頼するが、

 

実はセンチネルは既にサイバトロン星を復活させる為にディセプティコンのリーダー・メガトロンと契約を交わしており、オートボットを裏切って柱のコントローラーを奪い去ってしまう。

 

センチネルはまんまと月と地球をスペースブリッジでつなぎ、ディセプティコンの大軍団が地球へ侵入を果たしてしまうことに…。

 

センチネルは人類に対して侵略行為をやめる代わりにオートボットの永久追放を要求、人類もそれに応じたため、オートボット達はポットで地球を去るが、それ自体がディセプティコンの罠であり、オートボット達を乗せたポットを撃墜。オートボットもろとも海のもくずと化す。

 

さらにディセプティコンは人類との約束を反故し、総攻撃を開始、彼らの真の目的は崩壊したサイバトロン星を復興させる労働力として地球人類を奴隷化する事だった。

 

追い詰められたサム達の前に撃墜されたと思われたオートボット達が再び集結、地球の存亡をかけたディセプティコンとの最終決戦が始まるのであった。

 

◯『トランスフォーマー3/ダークサイドムーン』の見どころ

2007年から始まったトランスフォーマーシリーズ初期3部作の完結編(当時は)にあたる作品で、前作ではギャグパートとして過剰気味になっていた下ネタも控えめになり、ディセプティコンが民間人を容赦なく殺戮する描写もあったりとシリーズ中、最もシリアスな印象になっている作品です。

 

前作で名前のみが登場し、本作でも心強い仲間になると思われていた「センチネル・プライム」が実は敵とつながり、メガトロン以上の外道ぶりを発揮するというどんでん返しがなかなか衝撃的ですが…。

 

1作目から続く壮絶な都市破壊描写も本作ではインフレぶりが更に加速し(ゆえにマイケル・ベイ監督が破壊王の異名で呼ばれたりもしますが笑)本作で初登場したショックウェーブの操るドリル型のワームマシンの破壊力は特に凄まじい描写になりました。

 

ドラマ面では前作のキャストはすべて揃えなかったのか、前作であれ程の事があったサムが新しい恋人に乗り換えているのは多少薄情な印象を受けてしまったのが少し残念な気がします。

 

シリーズ自体は3部作で当初こそ、このダークサイド・ムーンが最終作の位置づけでしたが、本作の大ヒットにより承知の通りシリーズ継続が無事決まり、ファンを安堵させた一方、サムが主役の物語としては(今のところ)これが最終作という位置づけともとる事ができます。

 

『トランスフォーマー/ダークサイドムーン』を無料視聴するにはこちら